ゼニカル はお尻から油漏れが酷い?実際に使った感想や予防法を紹介

ゼニカルで脂肪(カロリー)吸収をさせないダイエット
ゼニカルで脂肪(カロリー)吸収をさせないダイエット
1錠で30%の脂肪分をウンコで排泄させる医薬効果

彼女との関係改善はEDと早漏改善で簡単
彼女との関係改善はEDと早漏改善で簡単にできますね

中だしされても大丈夫
彼氏に中だしされてもこれ一錠で避妊ができる。アフターピルのアイピルです。

ゼニカルで脂肪(カロリー)吸収をさせないダイエット
ゼニカルで脂肪(カロリー)吸収をさせないダイエット
1錠で30%の脂肪分が排泄されるデブった人向けの究極のお薬

早漏はプリリジーで改善
早漏だけでなく行為時間を2,3倍長くするプリリジー。

ED治療はいまでしょ!
ED治療はいまでしょ!

楽にダイエットができるゼニカル
楽にダイエットができるゼニカル
取扱いは難しいが上手く付き合えば楽にダイエットができます。
楽したダイエット

多くのゼニカル使用者を悩ませる油漏れ。
ちょっとした弾みで「やっちゃった…!」みたいな経験をした人も多いと思います。

このページでは、私自身の体験をもとに、ゼニカルを飲んだ後に出る油がどんなカンジなのかを伝えられたらと思います。
油漏れの予防や排泄時の注意点などがあります。

油抜きダイエットが痩せるのに効果ですが、料理から油を抜くと美味しくないですね。

ゼニカル(XENICAL)は食べた油の30%が吸収させずに排出する事で自然と痩せてきます。

アメリカでは肥満治療薬として一般的に使われています。

沢山食べたいときに服用するだけでも効果があります。

痩せたいけど「運動は嫌い!」「食事制限が苦手」「食べるの大好き」など、ものぐさで食いしん坊さんでも続けられるダイエットです。

油抜き過ぎ注意

 

油の排泄はゼニカルの代表的な副作用

ゼニカルを使う以上、油の排泄を防ぐことはできません。ゼニカルは食べ物から摂取する脂質の30%をカットする薬です。体に吸収されなかった脂質は、お尻から出ます。

油が排泄されているのは、ゼニカルが脂質の吸収を阻害している証でもあります。

油は便と一緒に出ることが多いです。
摂取した脂質の量が多いと、便意を催してトイレに駆け込んだのに油しか出ないこともあります。

オレンジや黒い色をした油が出ます。

少し汚い話になりますが、排泄される油の色は基本的に黄色やオレンジをしています。
油がトイレの中にプカプカと浮かぶ様は、ラー油のようにも見えますw

食べた脂質の量が多いと、油の色が黒っぽくなる傾向があるように思います。焼肉やトンカツ等の油ものを食べるときにゼニカルを使うと、便に近いどす黒い油が飛び出ます。

油からは独特の臭いがします。

油からは、便とは違った独特の臭いがします。
何といったらいいのか分かりませんが「油!」ってカンジの臭いです(語彙力)。ちょっとガソリンの臭いに近いかもしれませんね。
その独特の油臭と、便の臭いが混ざり合って作られるハーモニーは、かなりのパンチ力ですw
排泄後は、トイレの換気必須です。

キツイ臭いではありますが、トイレで出す時以外は気にならないです。ナプキンを付けていれば、油漏れによる臭いが周囲にバレる心配はないと思います。

油が出る量は食べた物に比例して多くなります。

排泄される油の量は、食べた物の脂質が高くなればなる程、多くなります。脂っぽい食べ物を食べた翌日(もしくは翌々日)には、ドバっと油がが飛び出ます。

反対に脂質の高くない食事の後には、ほとんど油が出ません。

私の場合、始めはゼニカルを3食ごと使っていましたが、もともと朝は和食中心で低脂質だったので、途中から服用の頻度を昼と夜の1日2回に落としました。

ゼニカル使用時には油漏れ対策が必須

ゼニカルで厄介なのは、意図せず油の排泄が起きてしまう「油漏れ」です。
油の排泄は自力で抑えられるものではありません。ちょっとおならをしただけで、油がブバっと飛び出してしまいます。

油漏れすると、下着どころかズボンにまで浸透します。布に油が付くとなかなか簡単には落ちませんので、外出時でなくても万全な対策が必要です。

生理用ナプキンの着用は欠かせません。

油漏れ対策として、最も一般的と思われるのが生理用ナプキンの着用です。
他にもパンツの中にティッシュを詰めてみたりなど試しましたが、個人的にはナプキンが最もしっくりきました。やっぱり抜群に漏れにくいです。

男性の方でも、ゼニカルを使う際には是非ナプキンの着用をおすすめします。
因みに私の知り合いでは、肛門に脱脂綿を詰めるのが一番良いと言っている人もいました。ナプキンの購入に抵抗のある男性は、脱脂綿を試してみてはどうでしょうか?

トイレを汚さない為の工夫も必要です。

油をそのまま排泄すると、トイレの表面に油がこびりつきます。
しかもトイレにこびり付いた油は非常に頑固であり、水で流しただけでは絶対に落ちません。

トイレを汚さない為の対策として、私が行っているのは、トイレットペーパーの敷き詰めです。少し面倒ではありますが、油が付きそうな陶器部分にペーパーを敷き詰めることで、だいぶ簡単に流せるようになりました。

特に外出先では簡単に掃除できないかと思いますので、トイレットペーパーの敷き詰めは必ず行った方が良いでしょう。

陶器についた油を掃除する際にはトイレ用洗剤よりも食器用洗剤の方が落ちました。
服についた時もそうですが、食べ物の汚れには、食器用洗剤が一番効きますね。

油漏れに関する疑問

google検索される頻度が多かったゼニカルの油に関する疑問に対して経験から回答です

いつから出始めるの?

私の場合は、ゼニカルを服用した翌日か翌々日くらからお腹がギュルギュル鳴りだして、すぐに出るパターンが多いですね。
ゼニカルを毎日飲んでいた時期は、常にお腹が緩いカンジでした。

いつまで出続けるの?

ゼニカルの服用を継続的に行っているならば、油の排泄も止まることはありません。
ゼニカルの服用を止めた場合には、油が抜けきったら止まるハズです。
継続して飲んでいたゼニカルを中断した時には、最後に飲んだ日の3日後くらいからはもう出なくなったかと思います。

出ないのはなぜ?

油が出ない場合には、そもそも食事の脂質が少ないことが考えられます。
私は脂っぽい食事をした後には、必ず油の排泄が起こりました。

主な副作用は胃腸に関する症状

FDAの発表している資料には、ゼニカルの副作用の発現率が検証された臨床成績が記載されていました。臨床試験では、1913人を対象にゼニカルの投与が行われています。
以下の表は、臨床試験で確認された主な副作用を和訳したものです。

下着などへの油染み26.60%
排泄時のおなら23.90%
急な便意22.10%
油を含む便2.0%
油の排泄11.90%
排便回数の増加10.80%
便失禁7.70%

主な副作用として、油に関する症状が多く報告されていることが分かります。ゼニカルは脂質の吸収を抑えて排泄する薬ですので、お尻から油が出るのは正常な効果が出ている証拠でもあります。
とはいえ、油で服など汚してしまうこともありますので、しっかりと対策する必要があります。

油漏れに耐えられる人はゼニカルに向いている

ここまでゼニカルを使用時に出る油について、紹介してきました。ゼニカルの使用を続けられるか否かは、大量の油の排泄に我慢できるかできないかだと思います。

大切なのは万全の対策を行うことではないでしょうか。面倒ながらも対策をきっちり行っている人の方が続けられているように思います。
逆に対策をぜずに油で失敗してしまうと、ゼニカルの使用をやめてしまう人が多いです。

とりあえずゼニカルの油がどんなものか試してみたいという方には、少ない入数で安く購入できるジェネリックも紹介しています。

おならをしたくなる回数が増えます。

ゼニカルの副作用として個人的に感じたのは「凄くおならがしたくなる」ということですw
大体ゼニカルを飲んだ翌日か翌々日くらいから、おならを催すようになります。

危険なのが、単なるおならだと思って気を抜くと、一緒に油が飛び出すということです。ゼニカルを飲むと、おならと油の区別が本当につきません。
使用中は、自分の肛門の感覚を信じないことが鉄則です。ナプキンなどを付けていない無防備な状態でのおならは絶対にNGです!

油抜き過ぎ注意

 

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

タイトルとURLをコピーしました